ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

オーストラリアの類人猿 ヨーウィ

      2015/04/04

ビッグフットをはじめとする巨大な類人猿の話は世界中のいたるところにありますが、南半球のオーストラリアも例外ではありません。

オーストラリアの原住民である「アボリジニー」の間で古くから伝わる巨大な獣人は「ヨーウィ」と呼ばれ、ニューサウスウェルズ州からクイーンズランド州にかけて生息していると言われています。

体長は、目撃証言によって異なりますが、2.1メートルから3.6メートルまでと少し幅があります。そして、ビッグフット同様に全身が毛で覆われ、平たく潰れた鼻を持ち、直立二足歩行で歩くといいます。

また、一部の報告によると、ヨーウィは気が小さくシャイな性格の持ち主だとも言われています。

ヨーウィという名称は、いくつかある呼び名のうちのひとつで、この他に「クインキン」「ジューガビンナ」「ジュラワラ」「ミンガウィン」「プッティカン」など複数の呼び名があります。

ビッグフットが地域が変わるごとに呼び名も変わるのと同じかもしれませんが、オーストラリアという島国でこれほどたくさんの呼び名があることは興味深いですね。

ヨーウィ

ヨーウィの目撃情報は意外と多く、1970年代にはシドニーの西に位置するブルーマウンテン周辺で多くの目撃情報が寄せられました。

また、2006年にはニューサウスウェールズ州で立木の横から顔を出しているヨーウィの姿を撮影されています。(上の写真)

さらに、2009年には同じくニューサウスウェールズ州で、スクールバスの近くに現れたところを写真に撮られています。

ヨーウィ

インドネシアのジャワ島で発見された化石に巨大な類人猿の「メガントロプス」のものとされる化石があります。

この巨人、メガントロプスがかつて、オーストラリアに生息していたとする説もあるため、ヨーウィはこのメガントロプスの生き残りではないかという意見もあります。

メガントロプス

メガントロプス

 - UMA(未確認生物) ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

モノス
未知の類人猿「モノス」

「モノス」は1920年にスイスの地質学者「フランシス・ド・ロイス」らの調査隊が、 …

ビッグフット(偽物)
自称ビッグフット・ハンター 偽物で600万円荒稼ぎ

今年のはじめに、世間を賑わせたビッグフット射殺のニュースがありました。 しかし、 …

skunk-ape2
地域で変わるビッグフットの呼び名を調べてみた

多くの目撃証言がありながら、いまだにその存在が明らかにされていない未確認動物(U …

エイリアン・ビッグ・キャット
エイリアン・ビッグ・キャットは野生のヒョウか?

エイリアン・ビッグ・キャットは1960年代から、主にイギリスで目撃されている体長 …

ビッグフット
ビデオに撮られたビッグフット

ハイカーが捉えたビデオの映像に、ビッグフットらしきものが鮮明に写っていました。 …

バヒア・ビースト
ブラジルの野獣「バヒア・ビースト」の正体は?

日本の裏側ブラジルで、奇妙な生き物の写真が撮られ、話題になりました。 写真は、2 …

ローペン
ローペン パプアニューギニアの怪鳥

ローペンは空を飛ぶ未確認生物(UMA)で、パプアニューギニアで目撃されています。 …

ネッシー
ネッシー死亡説は本当か?

スコットランドになるネス湖のネッシーといえば、代表的な水生獣のUMAです。 その …

フライング・ヒューマノイド
フライングヒューマノイドの正体

メキシコはUFOの目撃情報が多く存在する地域でもありますが、そのメキシコで200 …

ファントムドッグ
ファントム・ドッグ(ブラック・ドッグ)

イギリスのUMAといえば、ネッシーが最も有名ですが、「エイリアンビッグキャット」 …