ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

江戸時代に描かれたツチノコの画像

      2015/04/04

日本の代表的なUMAにカッパと並んで、人気があるのが「ツチノコ」ではないでしょうか。

1970年代と1990年代にもツチノコブームはありましたが、古事記や日本書紀にもツチノコらしきヘビの記述があり、その歴史は意外と長いようです。

下の写真は、江戸時代末期の1859年に描かれたものです。

ツチノコ

この当時は「野槌(ノヅチ)」と呼ばれていたようですが、江戸時代に流行った黄表紙という、絵を主体とした小説のような書物には野槌という名の妖怪が出てきます。

妖怪仕内評判記(恋川春町)

妖怪仕内評判記(恋川春町)

妖怪の方の野槌は、頭頂部に口があって、森に住み、鹿などの動物を丸飲みにします。

ツチノコは、この野槌に似ていることから、名付けられたという説もあります。

上の図のように、ツチノコはビール瓶のような太さで、尺取り虫のように這って移動し、時にはジャンプもするという話です。

体型に関しては、非常によく似た生物に「アオジタトカゲ」がいます。

アオジタトカゲ

bluetonguelizard.com.au

アオジタトカゲは、インドネシアやオーストラリアに生息するトカゲで、1970年代ころから、ペットとして日本でも飼われるようになったようです。

トカゲなので、もちろん手足は生えていますが、草むらにいたりしたら、写真のように伝説のツチノコにそっくりです。

ただ、尺取り虫のような動きはしませんし、ジャンプもできませんので、このアオジタトカゲと見間違えたのだと断定するには無理がありますし、江戸時代に日本に入ってきていたことも考えづらいです。

ということで、未だにツチノコの存在は、はっきりしていませんが、そこが日本のUMAたる所以ですね。

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ハニー・スワンプ・モンスター
未確認生物ハニー・スワンプ・モンスターは沼に住む類人猿か?

ヒト科の動物のようなUMAは、ビッグフットをはじめとして、さまざまな種類が報告さ …

グロブスター
グロブスターはニンゲンの死骸か?

グロブスターはオーストラリアやタスマニア島などの海岸にたまに漂着する巨大な謎の物 …

チュパカブラ
テキサスで見つかったチュパカブラは×××××だった!

テキサスの二人組が未確認動物(UMA)のチュパカブラを捕まえた、という報告があり …

アフール
巨大コウモリ アフール(AHOOL)

空を飛ぶことができる哺乳類の筆頭に「コウモリ」がまずあげられると思います。 その …

ファントムドッグ
ファントム・ドッグ(ブラック・ドッグ)

イギリスのUMAといえば、ネッシーが最も有名ですが、「エイリアンビッグキャット」 …

ビッグフット
ビデオに撮られたビッグフット

ハイカーが捉えたビデオの映像に、ビッグフットらしきものが鮮明に写っていました。 …

ローペン
ローペン パプアニューギニアの怪鳥

ローペンは空を飛ぶ未確認生物(UMA)で、パプアニューギニアで目撃されています。 …

ブルータイガー
未確認生物ブルータイガー

未確認生物(UMA)の多くは、一般常識からは、かけ離れた姿をしていたり、驚異的な …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

モケーレ・ムベンベ
コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原 …