ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

テキサスで見つかったチュパカブラは×××××だった!

      2015/04/04

テキサスの二人組が未確認動物(UMA)のチュパカブラを捕まえた、という報告がありました。

このチュパカブラはチュパカブラの赤ちゃんと呼ばれていました。

チュパカブラは、スペイン語で「ヤギの血を吸う者」という意味で、1995年にプエルトリコではじめて報告されたUMAです。
チュパカブラ
目撃証言によると、身長は1メートルから1.8メートルくらいで、大きな赤い目を持ち、全身は毛で覆わっれ、背中にトゲのようなものが生えているということです。

捕まえようとすると、驚異的なジャンプ力で逃げてしまうため、捕まえるのは困難なUMAです。

これまでに、ヤギや牛などの家畜がチュパカブラに血を吸われていて、被害に会った家畜には首のあたりに2つ(または4つ)の穴が空いているということです。

で、今回テキサスで捕まったというチュパカブラの写真がこちらです。

テキサスで捕まったチュパカブラ

誰しも「えっ!これがチュパカブラなの?」と思うことでしょう。

証言によるイメージとは大きく異なりますし、口の形状から見ても、この生物が家畜の血を吸うようにも思えません。

ではこの生き物は何なの?

では、このけったいな生き物は一体何か、気になるとことですが、動物学者によるとこれは「アライグマ」だそうです。

この風貌からはとてもアライグマだとは、気づきませんが、どうやらこの個体は皮膚病にやられてしまい、全身の毛が抜け落ちてしまったようです。

アライグマの毛をとってしまうと、こんなネズミみたいは貧相な格好になってしまうのですね。

これまでにも、チュパカブラではないかということで、皮膚病によって毛がなくなったアライグマが捕まえられたケースはあったそうです。

ここまで大騒ぎしなくても、本物のチュパカブラかどうかを見分ける方法としては、同じケージにヤギや鶏のような家畜を一緒に入れておけば、チュパカブラなら血を吸うところが確認できるだろうということですが、ごもっともです。

YouTubeの動画を見ると、ドッグフードとかあげちゃってるし、チュパカブラだと主張するのもどうなのって感じですが、アメリカではこの手のニュースが多いのかもしれません。

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ネッシー
ネッシー死亡説は本当か?

スコットランドになるネス湖のネッシーといえば、代表的な水生獣のUMAです。 その …

タッツェルヴルムの模型
ヨーロッパのUMA タッツェルヴルム

タッツェルヴルムは、ドイツ語で「前足のある虫」という意味です。 アルプス山脈に生 …

ブルータイガー
未確認生物ブルータイガー

未確認生物(UMA)の多くは、一般常識からは、かけ離れた姿をしていたり、驚異的な …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

シーサーペント
未確認生物シーサーペントの最新目撃映像

海に生息するとされているUMAの中で、最も古い目撃証言を持つものに「シー サーペ …

オゴポゴ
カナダ版ネッシー「オゴポゴ」の動画を検証する

スコットランドのネス湖にいる(とされている)ネッシーは、世界中で最も有名な湖の怪 …

グロブスター
グロブスターはニンゲンの死骸か?

グロブスターはオーストラリアやタスマニア島などの海岸にたまに漂着する巨大な謎の物 …

チャンプの写真
未確認水生獣「チャンプ」の写真は鮮明

大きな湖には、巨大な水生獣の目撃情報が付きものと言って良いくらいたくさんあります …

ローペン
ローペン パプアニューギニアの怪鳥

ローペンは空を飛ぶ未確認生物(UMA)で、パプアニューギニアで目撃されています。 …