ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

絶滅したジュゴンの仲間 ステラー海牛

      2015/04/04

ステラー海牛は、海牛と書いて「カイギュウ」と読みます。「ウミウシ」とはまったく違う生き物ですが、すでに絶滅したとされています。

このステラー海牛は、ジュゴンから枝分かれした種とされていて、ジュゴンがフロリダなどの温かい海域に生息しているのに対して、ステラー海牛は最後に発見されたのが、ベーリング海だったように北の寒い海域に生息していました。

寒さに耐えるため、体にたくさんの脂肪を蓄える必要があったのでしょう。その体長は7〜9メートルもあり、体重は8トンもあったといいますから、ジュゴンの平均的な体長3メートル、体重500kgと比べるとはるかに大きいことがわかります。

ステラー海牛の骨

ステラー海牛の骨



海牛は、この風体からはクジラの仲間、あるいはアザラシの仲間かなと思うかもしれませんが、象に近い生き物です。

象の祖先の「メリテリウム」から陸に残ったものが象になり、海へ行ったものが海牛へと進化したようです。

メリテリウム

メリテリウム

ちなみに、アザラシは「ネコ目-アザラシ科」の動物なので、猫に近いということになります。

ステラー海牛が発見されたきっかけは、デンマークの探検家「ベーリング」が率いる探検隊が、1741年にカムチャッカ半島沖の無人島で座礁したことに端を発しています。

指揮官のベーリングをはじめ、多くの隊員たちが飢えと寒さと病気のため死亡しましたが、残された隊員たちは翌年、島を脱出することができました。

彼らを飢えから救ったのは、この大きな体に脂肪を蓄えたステラー海牛の存在も大きかったようです。

ステラー海牛の肉は、子牛のようで味もよく、保存も効いたということです。

彼らが生還したことで、ステラー海牛の存在が知られてしまい、乱獲されて絶滅してしまいました。

しかし、20世紀に入ってから、このステラー海牛らしき生き物の発見が報告されているので、もしかしたら、まだ生き残りがいるかもしれません。

 - 古代

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

メガテリウム
ナマケモノの祖先は5mを超す巨大生物だった

ナマケモノといえば、木にぶら下がって、動きの遅いあの動物をイメージすると思います …

ネアンデルタール人
ネアンデルタール人は肉食ではなかった!原始人ダイエットの信ぴょう性はいかに?

世の中には、星の数ほどのダイエット方法がありますが、ちょっと風変わりな「原始人ダ …

カリコテリウム
ウマか?ゴリラか?古代に生息したゴリラ歩きする馬

現在の世の中でも、風変わりな格好をした生き物はたくさんいますが、古代の生物には今 …

gigantopithecus
絶滅した巨大類人猿ギガントピテクス

現代においても、ビッグフットやイエティなどの大きな類人猿の話はありますが、ギガン …

パキケタス
4本足で歩くクジラ

なんかタイトルが釣りっぽくなってしまってスミマセン。 4本足で歩いたのは、今から …

フォベロミス・パッテルソニ
古代に生息した体長3mの巨大ネズミ

私は下町で生まれ育ちましたが、家庭はあまり裕福ではなく、お小遣いもあまりもらえま …

リードシクティス
史上最大の魚(リードシクティス)はジンベイザメの2倍もあった

現在における世界最大の魚は「ジンベイザメ」で平均的な大きさは約11メートルです。 …