ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

パプアニューギニアのクロコダイルマン(セピック族)の痛い成人式

      2015/04/04

今回は、ちょっと痛い話です。この手の内容が得意でない方は閲覧に注意してください。

パプアニューギニアのセピック川流域にジャングルの中で生活している「セピック族」という部族がいます。

彼らは、独特の文化を持っていて、男子が成人するためにはある儀式を通過しなくてはなりません。

その儀式とは、体に入り組んだパターンの模様を彫ることです。彫るというと、なにか刺青とかタトゥーのようなものを連想するかもしれませんが、彼らの彫り方は独特です。

まず、カミソリで皮膚を模様にあわせて削ぎ取ります。次に、皮膚をそぎ取った傷口に特殊な樹液を塗り、傷口を膨らませます。

処理を終えた皮膚は後に、ワニのウロコのようになります。

セピック族の儀式

panoramio.com



なぜこのような、儀式を行うのかというと、彼らは自分たちの祖先は「ワニ」だと信じており、成人するためにはこの儀式を通過することで、セピック族の精神や魂が宿るという考え方があるようです。

とはいっても、この儀式が肉体的に与える苦痛は並大抵のものではありません。

中には出血多量で死亡したり、傷口から感染症にかかるリスクもあるようで、大人になるのも命がけです。

あるカメラマンが、このセピック族のクロコダイル模様の彫り物を写真に収めようとしたら、お金を要求されたそうで、近年はこの儀式が彼らの現金収入となりつつあるようです。

これだけ、文明とかけ離れた生活をしている部族でもお金の魔力の前には、屈してしまうのかとちょっと複雑な気も致します。

セピック族の儀式(閲覧注意)

見てるだけで痛そうです。

 - 風習

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ブレストアイロニング
カメルーンのある村では少女の胸を焼く習慣がある

カメルーンとナイジェリアの国境に近いある村では、女の子が思春期を迎えて、胸が大き …

ファヴェーラ
ブラジルにある世界最悪のスラム街 ファヴェーラ

ブラジルでのワールドカップ開催も秒読みとなりましたが、ブラジルには世界で最も治安 …

纏足の画像
纏足(てんそく)された女性の現在の画像が痛々しい

世の中には、我々の感覚では、考えられないような風習を持つ地域がたくさんあります。 …

タサダイ族
20世紀に発見された未開部族タサダイ族

1960年代の後半にフィリピン・ミンダナオ島の熱帯雨林に孤立したまま何千年も原始 …

キルギスの誘拐婚
今でも存在するキルギスの誘拐婚

キルギスという国の名を聞いたことはありますか? キルギスは通称で、日本での正式な …

ゾンビ
ゾンビは映画の話だけでなく、実在した!

ゾンビといったら、映画の中の話だと思っている人も多いかもしれませんが、実は、現実 …

プーケットのベジタリアンフェスティバル
タイのプーケットで開催されるベジタリアンフェスティバル【閲覧注意】

タイのプーケットといえば、リゾート地として有名ですが、このプーケットで毎年開かれ …

omochild.org
エチオピアの呪われた子どもたち

アフリカのエチオピアといったら、どんな印象をお持ちでしょうか? まず、マラソンな …