ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

未確認生物シーサーペントの最新目撃映像

      2015/04/04

海に生息するとされているUMAの中で、最も古い目撃証言を持つものに「シー サーペント」(Sea serpent)があります。

シーサーペントを英和辞書で引くと「(伝説上の)大うみへび」とありますが、伝えられる話によると、長さが60メートル、太さが6メートルだったという情報もあります。

シーサーペントの記述は、古くは旧約聖書から始まり、中世以降に多くの目撃情報とともにイラストが残されています。

シーサーペント

 

上の絵は、1639年にマサチューセッツ州のアン岬で目撃されたというシーサーペントのもので、アメリカで最初の目撃情報です。

似たような絵は、他にも多数残されていますが、つい最近でもこのシーサーペントの目撃情報(映像)があります。


このビデオは2013年にアイルランドで偶然撮影されたものです。

近くで見た人の意見では、クジラではないと言っているようですが、はっきりとした正体はわかっていないようです。

シーサーペントの正体については、さまざまな意見があります。

プレシオサウルスの生き残りだと主張する人もいれば、リュウグウノツカイやウバザメだという意見もあります。

ユニークな意見では、非常に巨大なオタマジャクシだというものもあります。(それなら、超巨大なカエルになるのかと思いますが。。。)

広大な海の上で、目撃されるものなので、真相の解明はなかかな難しいでしょうが、今後どんな映像が出てくるのか楽しみです。

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

タッツェルヴルムの模型
ヨーロッパのUMA タッツェルヴルム

タッツェルヴルムは、ドイツ語で「前足のある虫」という意味です。 アルプス山脈に生 …

フライング・ヒューマノイド
フライングヒューマノイドの正体

メキシコはUFOの目撃情報が多く存在する地域でもありますが、そのメキシコで200 …

skunk-ape2
地域で変わるビッグフットの呼び名を調べてみた

多くの目撃証言がありながら、いまだにその存在が明らかにされていない未確認動物(U …

モケーレ・ムベンベ
コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原 …

ビッグフット
ビデオに撮られたビッグフット

ハイカーが捉えたビデオの映像に、ビッグフットらしきものが鮮明に写っていました。 …

アフール
巨大コウモリ アフール(AHOOL)

空を飛ぶことができる哺乳類の筆頭に「コウモリ」がまずあげられると思います。 その …

ツチノコ
江戸時代に描かれたツチノコの画像

日本の代表的なUMAにカッパと並んで、人気があるのが「ツチノコ」ではないでしょう …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

オゴポゴ
カナダ版ネッシー「オゴポゴ」の動画を検証する

スコットランドのネス湖にいる(とされている)ネッシーは、世界中で最も有名な湖の怪 …