ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

ローペン パプアニューギニアの怪鳥

      2015/04/04

ローペンは空を飛ぶ未確認生物(UMA)で、パプアニューギニアで目撃されています。

鳥のように空を飛びますが、羽毛は持たず、翼の端から端までの長さは1メートルもしくは、3メートルで、長い尻尾を持っているのが特徴的です。

ローペン

その姿は、まるで太古の昔に絶滅したはずのプテラノドンを彷彿させます。

これまでに何回も目撃されてきたウンボイ島では、ローペンは夜行性の生物で、夜間に空をとぶときに光を放つと言われています。

噂によると、ローペンは魚などを餌にしていますが、人間の肉も好物なようで、夜な夜な墓を掘り返して、遺体を食べているということです。

一部の学者には、プテラノドンのような翼を持った恐竜である翼竜が、現在でも生き残っている可能性はあると主張する人もいるようですが、では、ローペンはプテラノドンの生き残りなのかという疑問が湧いてきます。

プテラノドンを調べてみると、翼開長は7メートルから8メートルもあったということなので、せいぜい3メートルのローペンとは違うようです。

しかし、翼竜についてもっと調べてみると、ジュラ紀の後期にいたとされる「ランフォリンクス」が翼開長45センチから175センチとサイズ的にはローペンとかなり近い大きさです。

ランフォリンクス

ランフォリンクス(ja.wikipedia.org)

これまでに何度か海外のテレビ局が、ローペンの探索に行って、夜間に2つの光る目のようなものを目撃したと報告しています。

いずれも決定的な映像を捉えることはできなかったようですが、今後の報告に期待したいところです。

下の動画は、カメラが捉えた「ローペン」らしき生物の映像です。

 - UMA(未確認生物) ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

タッツェルヴルムの模型
ヨーロッパのUMA タッツェルヴルム

タッツェルヴルムは、ドイツ語で「前足のある虫」という意味です。 アルプス山脈に生 …

モケーレ・ムベンベ
コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原 …

ネッシー
ネッシー死亡説は本当か?

スコットランドになるネス湖のネッシーといえば、代表的な水生獣のUMAです。 その …

ファントムドッグ
ファントム・ドッグ(ブラック・ドッグ)

イギリスのUMAといえば、ネッシーが最も有名ですが、「エイリアンビッグキャット」 …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

グロブスター
グロブスターはニンゲンの死骸か?

グロブスターはオーストラリアやタスマニア島などの海岸にたまに漂着する巨大な謎の物 …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

シーサーペント
未確認生物シーサーペントの最新目撃映像

海に生息するとされているUMAの中で、最も古い目撃証言を持つものに「シー サーペ …

ニンゲン
南極に出現する「ニンゲン」は実在するか?

「ニンゲン」または「ヒトガタ」と呼ばれるUMAは、2ちゃんねるを中心に広がった都 …

ヨーウィ
オーストラリアの類人猿 ヨーウィ

ビッグフットをはじめとする巨大な類人猿の話は世界中のいたるところにありますが、南 …