ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

とても珍しいピンク色のイルカ

      2015/04/04

イルカといえば、まず想像するのが愛くるしい目をした水族館などで活躍するあのイルカのイメージです。

その色は、たいていグレーだったり、黒だったりというのが一般的な認識ですが、ピンク色をしたイルカが存在すると言ったら、にわかには信じがたいのではないでしょうか?

ある人は、それは突然変異のいわゆる「アルビノ」のことだろうと思うかもしれません。

メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患、ならびにその症状を伴う個体のことを指す。

アルビノとは:ウィキペディアより

ここで紹介するピンクのイルカは、突然変異などではなく、れっきとした種として認めらたイルカです。

しかも、このピンクイルカは2種類存在します。

中国シロイルカ

1つ目の種類は、中国シロイルカ(シナウスイロイルカ)で、香港周辺の浅い海域に生息して、体長は2mから3.5m、重さは150kgから230kgになります。

www.turtlehurtled.comより

www.turtlehurtled.comより

このピンクイルカは生まれた当初は、黒い色をしていますが、だんだんと色が褪せてきて、白くなり、最後にピンク色になります。

なぜ、ピンク色なのかというと、体温の調整をするために、このイルカの持つ色素や血管が過度に働き、表面にその色が見えるためということです。

アマゾンカワイルカ

そして、もう1種類が「アマゾンカワイルカ」で、南米のアマゾン川系に生息し、体長は1.53mから2.4 m、 体重は 94kgから98.5 kgと先ほどの中国シロイルカよりは小ぶりです。

このアマゾンカワイルカも体温の調整のために欠陥等の色が出て、ピンク色に見えます。そのため、中国シロイルカと同じカテゴリーに分類されています。

www.turtlehurtled.comより

www.turtlehurtled.comより

アマゾンカワイルカにはいくつかの伝説があり、ハンサムな男性に変身して、若い女性と関係を持ち、朝になると元のイルカの姿に戻るというものです。

他には、このイルカの目を見ると、生涯にわたって悪夢を見続けるという言い伝えもあるようです。

これらのイルカは、その見た目の珍しさから、しばしば人間によって捕獲されてきましたが、現在では絶滅危惧種として保護の対象となっています。

 - 奇妙な生物 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ギープ
アイルランドでヤギとヒツジの合いの子生まれる

2013年11月、アイルランドの農場で、農場主のパティ・マーフィーさんが飼ってい …

オヨギゴカイ
オヨギゴカイは深海のエイリアン?

  この映像。なんだと思いますか? CGなどの作り物ではありません。 …

8本足のヤギ
8本足のヤギ クロアチアで生まれる

今週、クロアチアの農園で、足が8本もあるヤギが生まれました。 「オクトゴート(タ …

世界一小さい犬
世界で最も小さな動物たち

世界で最も小さな犬:体高12.4センチ 重さ約635グラム、高さ12.4センチの …

足の生えたヘビ
足の生えたヘビ

2009年9月、中国の四川省で、なんとも奇妙なヘビが見つかりました。 66歳の女 …

ブルードラゴン
青が鮮やかすぎるウミウシ ブルードラゴン

一見すると、きれいな置物か何かに見えますが、ブルードラゴンと呼ばれるウミウシの仲 …

目玉がひとつのサメ
本当にいた一つ目のサメ

この奇妙な生物は、作り物ではありませんし、画像も加工したものではありません。 2 …

ニワトリ
動物界の奇妙なお母さんベスト7

母親とは、誰にとっても大切で必要な存在であります。 しかし、私たち人間からすると …

ムベンガ
コンゴの人食い魚「ムベンガ」

アフリカのコンゴ川流域には、人喰い魚として知られる「ムベンガ」という肉食魚が生息 …