ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

南極に出現する「ニンゲン」は実在するか?

      2015/04/04

「ニンゲン」または「ヒトガタ」と呼ばれるUMAは、2ちゃんねるを中心に広がった都市伝説的な未確認生物との見方もあります。

(Wikipediaによると、南極にいるのがニンゲンで、北極にいるのがヒトガタと呼ばれているそうです。)

しかし、本当に架空の生き物だとは、断定しづらい目撃情報もいくつか上がっているのです。

ニンゲンは全長が20〜30メートルもあり、色は白く、その体の表面はツルッとしているとされています。

そして、その形状はまるで人間のようで、両腕と両足が写っている画像も存在します。

ニンゲン

上の写真が、実際のものか合成されたものか不明ですが、目撃情報によると、大きな目をしていたという証言があるようです。


1958年に南極観測船「宗谷」が昭和基地のあるリュッツホルム湾で遭遇した「ニンゲン」らしき生物は、頭のてっぺんが丸く、大きな目と尖った耳を持っていたいう話です。

ただし、色は黒かったとのことで、肩から上を水面に出して、船員たちの方を見ていたかと思うと、水中に消えていったということです。

この他にも、やはり南極方面での目撃情報によると、1971年、マグロ漁に出た、日本の第28金比羅丸(こんぴらまる)がニュージーランドのサウスアイランド沖で、大きな目をした「ニンゲン」らしき生物に遭遇しました。

船員が縄を巻き上げている時にその怪物は突然姿を現しました。

2メートルもある大きな頭と、大きな目が特徴的で、船長以下26名の乗組員たちに近くで目撃された後、海中に沈んでいったそうです。

ニンゲン

この他にも、Google Earthにニンゲンらしき生物が写っているとの報告もあります。

ニンゲン

これらの、目撃談などからも「ニンゲン」の存在は100%否定されるものでもなさそうです。

 

 - UMA(未確認生物) ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

モノス
未知の類人猿「モノス」

「モノス」は1920年にスイスの地質学者「フランシス・ド・ロイス」らの調査隊が、 …

チュパカブラ
テキサスで見つかったチュパカブラは×××××だった!

テキサスの二人組が未確認動物(UMA)のチュパカブラを捕まえた、という報告があり …

シャドーピープル
シャドーピープルはUMAか宇宙人かそれとも異次元の生物か?

まずはこちらの写真をご覧ください。   この写真は2006年9月、ネバ …

グロブスター
グロブスターはニンゲンの死骸か?

グロブスターはオーストラリアやタスマニア島などの海岸にたまに漂着する巨大な謎の物 …

ビッグフット(偽物)
自称ビッグフット・ハンター 偽物で600万円荒稼ぎ

今年のはじめに、世間を賑わせたビッグフット射殺のニュースがありました。 しかし、 …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

ツチノコ
江戸時代に描かれたツチノコの画像

日本の代表的なUMAにカッパと並んで、人気があるのが「ツチノコ」ではないでしょう …

ブルータイガー
未確認生物ブルータイガー

未確認生物(UMA)の多くは、一般常識からは、かけ離れた姿をしていたり、驚異的な …

シーサーペント
未確認生物シーサーペントの最新目撃映像

海に生息するとされているUMAの中で、最も古い目撃証言を持つものに「シー サーペ …

バヒア・ビースト
ブラジルの野獣「バヒア・ビースト」の正体は?

日本の裏側ブラジルで、奇妙な生き物の写真が撮られ、話題になりました。 写真は、2 …