ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

地域で変わるビッグフットの呼び名を調べてみた

      2015/04/04

多くの目撃証言がありながら、いまだにその存在が明らかにされていない未確認動物(UMA)の代表格にビッグフットがあがられます。

ビッグフットは、大きな類人猿のことを指しますが、このビッグフットの目撃証言は世界のあらゆる所に存在します。

そして、その呼び名は地域ごとに違っています。

ここでは、世界中でビッグフットが何と呼ばれているのか、地域ごとに調べてみました。(ビッグフットとは別の種類の類人猿も含みます。)

ビッグフット(Bigfoot)

bigfootビッグフットという呼び名は、おもにアメリカやカナダのロッキー山脈での目撃される類人猿に対して付けられる名称で、体長は2m以上で、全身が黒い毛で覆われ、手の長さは膝のあたりまであるくらい長いとされています。

ブリティッシュ・コロンビアのネイティブアメリカン(先住民)の間では「サスクワッチ」という野人を意味する呼ばれ方をしていますが、ビッグフットと同一であろうとの見解もあります。

イエティ(Yeti)

イエティはヒマラヤの山岳地帯で目撃される類人猿に対して、付けられた呼び名で、多くの登山形の間で話題になりました。

アルマス(ALMAS)

中国とモンゴルの間の山岳地帯にあるとされている類人猿で、ビッグフットより人間に近いと言われています。

シシマイト(SISIMITE)

中央アメリカにいる類人猿で、モジャモジャの髪の毛と異常なほどの腕力で、時にはハンターを襲うこともあるといいます。


スカンク・エイプ

en.wikipedia.org

スカンク・エイプ(SKUNK APE)

アメリカの南に生息するビッグフットで、独特の匂いを持つことから、この名がついたとされてます。

スカンク・エイプはビッグフットと同じ種だという意見もあるようです。

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

フライング・ヒューマノイド
フライングヒューマノイドの正体

メキシコはUFOの目撃情報が多く存在する地域でもありますが、そのメキシコで200 …

グロブスター
グロブスターはニンゲンの死骸か?

グロブスターはオーストラリアやタスマニア島などの海岸にたまに漂着する巨大な謎の物 …

ヨーウィ
オーストラリアの類人猿 ヨーウィ

ビッグフットをはじめとする巨大な類人猿の話は世界中のいたるところにありますが、南 …

バヒア・ビースト
ブラジルの野獣「バヒア・ビースト」の正体は?

日本の裏側ブラジルで、奇妙な生き物の写真が撮られ、話題になりました。 写真は、2 …

シーサーペント
未確認生物シーサーペントの最新目撃映像

海に生息するとされているUMAの中で、最も古い目撃証言を持つものに「シー サーペ …

エイリアン・ビッグ・キャット
エイリアン・ビッグ・キャットは野生のヒョウか?

エイリアン・ビッグ・キャットは1960年代から、主にイギリスで目撃されている体長 …

ツチノコ
江戸時代に描かれたツチノコの画像

日本の代表的なUMAにカッパと並んで、人気があるのが「ツチノコ」ではないでしょう …

モケーレ・ムベンベ
コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原 …