ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

未知の類人猿「モノス」

      2015/04/04

「モノス」は1920年にスイスの地質学者「フランシス・ド・ロイス」らの調査隊が、ベネズエラのジャングルで油田の調査をしている時に発見された未確認動物(UMA)です。

ロイスは調査中に2匹の奇妙な大型の猿に襲われます。

その内の1匹を銃で射殺し、もう1匹は森へ逃げたということです。

その時に撮影された死体の写真はこれです。

モノス

 

手足が非常に長く、全身は毛で覆われています。

写真では起き上がっているように見えるので、生きているのかと錯覚してしまいますが、手前に写っている棒で顎の下を支えて、箱のようなものに座らせているようです。


体長は150センチという話ですが、実際はもっと小さいのではないかという疑惑もあります。

また、この猿は南アメリカに生息する「クモザル」、あるいはその変種ではないかという説もあります。

クモザル上記がクモザルの写真ですが、見比べてみると確かに似ています。顔の印象が若干違う以外は、手足の長いところや毛の生え方などの特徴はそっくりですね。

ただ、写真からの印象では、大きさがずいぶん違うのではないかと、いう感じがします。

もしモノスが実際には、もっと小さいのであれば、クモザルかその変種の可能性も高いと思われますが、これは未知の類人猿だと主張する学者もいて、意見は分かれているようです。

 

 - UMA(未確認生物) ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

オゴポゴ
カナダ版ネッシー「オゴポゴ」の動画を検証する

スコットランドのネス湖にいる(とされている)ネッシーは、世界中で最も有名な湖の怪 …

ヨーウィ
オーストラリアの類人猿 ヨーウィ

ビッグフットをはじめとする巨大な類人猿の話は世界中のいたるところにありますが、南 …

ビッグフット(偽物)
自称ビッグフット・ハンター 偽物で600万円荒稼ぎ

今年のはじめに、世間を賑わせたビッグフット射殺のニュースがありました。 しかし、 …

エイリアン・ビッグ・キャット
エイリアン・ビッグ・キャットは野生のヒョウか?

エイリアン・ビッグ・キャットは1960年代から、主にイギリスで目撃されている体長 …

ネッシー
ネッシー死亡説は本当か?

スコットランドになるネス湖のネッシーといえば、代表的な水生獣のUMAです。 その …

チャンプの写真
未確認水生獣「チャンプ」の写真は鮮明

大きな湖には、巨大な水生獣の目撃情報が付きものと言って良いくらいたくさんあります …

ローペン
ローペン パプアニューギニアの怪鳥

ローペンは空を飛ぶ未確認生物(UMA)で、パプアニューギニアで目撃されています。 …

モケーレ・ムベンベ
コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原 …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

ビッグフット
ビデオに撮られたビッグフット

ハイカーが捉えたビデオの映像に、ビッグフットらしきものが鮮明に写っていました。 …