ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

      2015/04/04

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招く生き物が描かれていますが、一部の人の間ではモンゴルのゴビ砂漠に「モンゴリアン・デスワーム」と呼ばれる、名前の通り死を招く巨大なミミズのような生き物が存在すると信じられています。

モンゴリアン・デスワームの画像

イギリスの生物学者が記した本によると、モンゴリアン・デスワームは、ゴビ砂漠の南部に生息し、全長約1メートルくらいのミミズのような体を持ち、体表は赤黒い色をしていて、刺のような突起物を持っているとあります。

ゴビ砂漠

奴らは、ほとんどの時間を砂漠の砂の中に隠れて過ごし、雨期の6月から7月ころになると、地上に姿を現します。

モンゴルに伝わる言い伝えでは、近くを通りかかる獲物を見つけると、相手を腐食させる働きがある毒を放ち、獲物を捕まえると言われています。


また、尻尾からは電気を放って、遠くにいる相手でも感電死させることができると言われています。

モンゴリアン・デスワームの存在について、2005年にイギリスの学者たちによって、調査が行われましたが、写真などの有力な証拠を得ることはできず、目撃談の収集だけに終わってしまったようです。

そのため、モンゴリアン・デスワームの存在に関しては、現状ではなんとも言えないというのが正直なところです。

しかし、この手の話はアメリカ人には受けるのか、映画の題材になっています。

こちらの動画も、モンゴリアン・デスワームを題材とした映画ですが、これはかなり巨大に描かれています。

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ヨーウィ
オーストラリアの類人猿 ヨーウィ

ビッグフットをはじめとする巨大な類人猿の話は世界中のいたるところにありますが、南 …

モノス
未知の類人猿「モノス」

「モノス」は1920年にスイスの地質学者「フランシス・ド・ロイス」らの調査隊が、 …

ネッシー
ネッシー死亡説は本当か?

スコットランドになるネス湖のネッシーといえば、代表的な水生獣のUMAです。 その …

ローペン
ローペン パプアニューギニアの怪鳥

ローペンは空を飛ぶ未確認生物(UMA)で、パプアニューギニアで目撃されています。 …

タッツェルヴルムの模型
ヨーロッパのUMA タッツェルヴルム

タッツェルヴルムは、ドイツ語で「前足のある虫」という意味です。 アルプス山脈に生 …

モケーレ・ムベンベ
コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原 …

チャンプの写真
未確認水生獣「チャンプ」の写真は鮮明

大きな湖には、巨大な水生獣の目撃情報が付きものと言って良いくらいたくさんあります …

ブルータイガー
未確認生物ブルータイガー

未確認生物(UMA)の多くは、一般常識からは、かけ離れた姿をしていたり、驚異的な …

skunk-ape2
地域で変わるビッグフットの呼び名を調べてみた

多くの目撃証言がありながら、いまだにその存在が明らかにされていない未確認動物(U …

オゴポゴ
カナダ版ネッシー「オゴポゴ」の動画を検証する

スコットランドのネス湖にいる(とされている)ネッシーは、世界中で最も有名な湖の怪 …