ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

      2015/04/04

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原住民によって言い伝えられてきました。

この未確認生物は「モケーレ・ムベンベ」と呼ばれ、体長が10メートル(あるいは15メートル)くらいの長い首としっぽを持った恐竜のような姿をしています。

モケーレ・ムベンベ

モケーレ・ムベンベの姿は、ネッシーに似ていますが、足ヒレではなく、象やカバのようなしっかりとした足を持っている点が異なります。

モケーレ・ムベンベの足跡

モケーレ・ムベンベの足跡だとされる画像

今から20年以上前に早稲田大学の探検部(探検サークルかも)が、コンゴ共和国までものUMAを探しに行きました。

この時の記録が本になって出版されていました。

残念ながら、探検部のメンバーはムベンベの姿を見つけることはできなかったのですが、ワクワクしながら読んだ記憶があります。

当時の記憶が曖昧なのですが、確か、モケーレ・ムベンベがいるとされているテレ湖の水深は数十センチだったとか、とにかく水深は意外と浅かったと書かれていたと思います。

また、別のソースではテレコ周辺の原住民にサイの絵を見せたところ、「モケーレ・ムベンベだ。」と言ったことから、この怪獣の正体はサイだという見方もあるそうです。

しかし、原住民の言葉を訳すには、ダイレクトに日本語や英語に翻訳することは不可能なので、間にいくつかの言語を挟んで訳されるため、単純にサイだと決め付けるのもどうかなという気もします。

80年代から90年代にかけて、早稲田大学以外にも何組かの探検隊が、調査を行っていて、撮影に成功したという報告もありましたが、どれも決定打にはかけるものばかりです。

モケーレ・ムベンベ

これなんか、すごくデカそうですが、いったい何なんでしょうね。

後で気づきましたが、早稲田大学探検部の本はまだ、売られていました。

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/27 16:33時点)

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

フライング・ヒューマノイド
フライングヒューマノイドの正体

メキシコはUFOの目撃情報が多く存在する地域でもありますが、そのメキシコで200 …

モノス
未知の類人猿「モノス」

「モノス」は1920年にスイスの地質学者「フランシス・ド・ロイス」らの調査隊が、 …

チャンプの写真
未確認水生獣「チャンプ」の写真は鮮明

大きな湖には、巨大な水生獣の目撃情報が付きものと言って良いくらいたくさんあります …

アフール
巨大コウモリ アフール(AHOOL)

空を飛ぶことができる哺乳類の筆頭に「コウモリ」がまずあげられると思います。 その …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

ハニー・スワンプ・モンスター
未確認生物ハニー・スワンプ・モンスターは沼に住む類人猿か?

ヒト科の動物のようなUMAは、ビッグフットをはじめとして、さまざまな種類が報告さ …

ブルータイガー
未確認生物ブルータイガー

未確認生物(UMA)の多くは、一般常識からは、かけ離れた姿をしていたり、驚異的な …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

ヨーウィ
オーストラリアの類人猿 ヨーウィ

ビッグフットをはじめとする巨大な類人猿の話は世界中のいたるところにありますが、南 …

シーサーペント
未確認生物シーサーペントの最新目撃映像

海に生息するとされているUMAの中で、最も古い目撃証言を持つものに「シー サーペ …