ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

グロブスターはニンゲンの死骸か?

      2015/04/04

グロブスターはオーストラリアやタスマニア島などの海岸にたまに漂着する巨大な謎の物体のことを指します。

下の写真は、1997年にタスマニア島へ漂着したもので、大きさは4.6m×1.8mで、重さは推測では4トンということらしいです。

タスマニア島のグロブスター

タスマニア島のグロブスター

しかし、グロブスターはすべてがこのような形をしているわけではなく、発見されたものの形や大きさはさまざまです。

ただ、得体の知れないかたまりで、何だかよくわからない巨大なものということが共通しています。

2013年には、奄美大島でもグロブスターが発見されました。

この時は、直径6メートルほどの白い肉の塊のようなものだったようで、UMAに詳しい評論家の意見では、これは「ニンゲン」の可能性もあると述べていたようです。

また、別の見解では、奇形の水頭症の鯨の死骸という見方もあって、生前の姿ははっきりとはわかっていません。

グロブスターの語源は、「グロテスク」と俗語で死体を意味する「ブロブ(blob)」と「モンスター」を掛けあわせたものから来ています。

グロブスター

発見場所不明(アメリカか?)

 

中国で発見されたグロブスター

中国で発見されたグロブスター

一応、UMAのカテゴリーに登録してみましたが、「グロブスター」は何だかわからないけども、その姿は確認できているので、正確にはUMAとはいえないですね。

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

オゴポゴ
カナダ版ネッシー「オゴポゴ」の動画を検証する

スコットランドのネス湖にいる(とされている)ネッシーは、世界中で最も有名な湖の怪 …

skunk-ape2
地域で変わるビッグフットの呼び名を調べてみた

多くの目撃証言がありながら、いまだにその存在が明らかにされていない未確認動物(U …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

ハニー・スワンプ・モンスター
未確認生物ハニー・スワンプ・モンスターは沼に住む類人猿か?

ヒト科の動物のようなUMAは、ビッグフットをはじめとして、さまざまな種類が報告さ …

フライング・ヒューマノイド
フライングヒューマノイドの正体

メキシコはUFOの目撃情報が多く存在する地域でもありますが、そのメキシコで200 …

モノス
未知の類人猿「モノス」

「モノス」は1920年にスイスの地質学者「フランシス・ド・ロイス」らの調査隊が、 …

ブルータイガー
未確認生物ブルータイガー

未確認生物(UMA)の多くは、一般常識からは、かけ離れた姿をしていたり、驚異的な …

バヒア・ビースト
ブラジルの野獣「バヒア・ビースト」の正体は?

日本の裏側ブラジルで、奇妙な生き物の写真が撮られ、話題になりました。 写真は、2 …

ニンゲン
南極に出現する「ニンゲン」は実在するか?

「ニンゲン」または「ヒトガタ」と呼ばれるUMAは、2ちゃんねるを中心に広がった都 …

ツチノコ
江戸時代に描かれたツチノコの画像

日本の代表的なUMAにカッパと並んで、人気があるのが「ツチノコ」ではないでしょう …