ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

絶滅した巨大類人猿ギガントピテクス

      2015/04/04

現代においても、ビッグフットやイエティなどの大きな類人猿の話はありますが、ギガントピテクスは、はるか昔に実在していた巨大な類人猿です。

ギガントピテクスは推定で、新潮がメートル体重が300キロから500キロあったとされ、これが本当なら、史上最大の霊長類ということになります。

ギガントピテクス

ギガントピテクスの復元模型

時代は今から約100万年前、中国やインド、ベトナムに生存していたとされています。

この史上最大の類人猿がいた証拠とされるのが、発掘された下顎の骨と歯ということです。

発掘された歯の大きさが人間のものと比較すると2倍以上もあることから、身長3メートルと推測されているようですが、残念ながら、肝心な体の骨が見つかっていません。


このような理由から、実際に身長が3メートルもあったかどうか、議論がわかれているようです。

もし、実際に巨大類人猿が存在していたことが、明らかであれば、ビッグフットの存在の可能性もグッと高まることと思われますが、今のところはっきりしたことはわかっていないようです。

身長3メートルは大げさだとしても、2メートルくらいはあったかもしれませんし、それならビッグフットの目撃情報と大きさ的には一致すると思うのですが、これはちょっと強引でしょうか?

 - 古代

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

メガテリウム
ナマケモノの祖先は5mを超す巨大生物だった

ナマケモノといえば、木にぶら下がって、動きの遅いあの動物をイメージすると思います …

カリコテリウム
ウマか?ゴリラか?古代に生息したゴリラ歩きする馬

現在の世の中でも、風変わりな格好をした生き物はたくさんいますが、古代の生物には今 …

パキケタス
4本足で歩くクジラ

なんかタイトルが釣りっぽくなってしまってスミマセン。 4本足で歩いたのは、今から …

ステラー海牛
絶滅したジュゴンの仲間 ステラー海牛

ステラー海牛は、海牛と書いて「カイギュウ」と読みます。「ウミウシ」とはまったく違 …

フォベロミス・パッテルソニ
古代に生息した体長3mの巨大ネズミ

私は下町で生まれ育ちましたが、家庭はあまり裕福ではなく、お小遣いもあまりもらえま …

ネアンデルタール人
ネアンデルタール人は肉食ではなかった!原始人ダイエットの信ぴょう性はいかに?

世の中には、星の数ほどのダイエット方法がありますが、ちょっと風変わりな「原始人ダ …

リードシクティス
史上最大の魚(リードシクティス)はジンベイザメの2倍もあった

現在における世界最大の魚は「ジンベイザメ」で平均的な大きさは約11メートルです。 …