ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

フライングヒューマノイドの正体

      2015/04/04

メキシコはUFOの目撃情報が多く存在する地域でもありますが、そのメキシコで2000年くらいから人型をした空飛ぶ物体の目撃報告が増えてきました。

この謎の物体を「フライング・ヒューマノイド」と呼んでいますが、最初の目撃は1999年にメキシコのテオティワカン遺跡でした。

この時は、春分の日の儀式が行われていたため、数千人もの人が集まっている場所で、目撃されています。

ネットで探してみましたが、残念ながらこの時の映像や写真は見つかりませんでしたので、この時はだれも写真などに収めてはいなかったのかもしれません。

しかし、翌年の2000年3月に今度はメキシコシティでフライングヒューマノイドが現れ、そこにいたアマチュアの天文家が動画を撮ることに成功しています。

フライング・ヒューマノイド

この謎の物体は、黒っぽい色をしていて、水平に移動していたそうで、風船や鳥との見間違いなどではないということです。

この一件以来、フライング・ヒューマノイドの存在は一躍有名になり、その後も目撃情報がいくつも報告されています。

2004年にはパトロール中の警察官がフライング・ヒューマノイドに襲われたという情報もあります。

警官が乗っていたパトカーめがけて飛んできたかと思ったら、ボンネットに着地し、フロントガラスを殴り警官につかみかかろうとしたという話です。

また、2012年には中国の北京で、ホテルに宿泊していた客のビデオカメラが捉えた映像に空を飛ぶ、謎の物体が写っていました。

フライング・ヒューマノイドの正体は、エイリアン説もあれば、アメリカ軍が遺伝子操作で作った生物であるとする説や空中遊泳できる超能力者であるとする説もあって、今のところまったく結論は出ていないようです。

 - UMA(未確認生物) ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ニンゲン
南極に出現する「ニンゲン」は実在するか?

「ニンゲン」または「ヒトガタ」と呼ばれるUMAは、2ちゃんねるを中心に広がった都 …

ファントムドッグ
ファントム・ドッグ(ブラック・ドッグ)

イギリスのUMAといえば、ネッシーが最も有名ですが、「エイリアンビッグキャット」 …

グロブスター
グロブスターはニンゲンの死骸か?

グロブスターはオーストラリアやタスマニア島などの海岸にたまに漂着する巨大な謎の物 …

ビッグフット(偽物)
自称ビッグフット・ハンター 偽物で600万円荒稼ぎ

今年のはじめに、世間を賑わせたビッグフット射殺のニュースがありました。 しかし、 …

オゴポゴ
カナダ版ネッシー「オゴポゴ」の動画を検証する

スコットランドのネス湖にいる(とされている)ネッシーは、世界中で最も有名な湖の怪 …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

モケーレ・ムベンベ
コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原 …

タッツェルヴルムの模型
ヨーロッパのUMA タッツェルヴルム

タッツェルヴルムは、ドイツ語で「前足のある虫」という意味です。 アルプス山脈に生 …

ネッシー
ネッシー死亡説は本当か?

スコットランドになるネス湖のネッシーといえば、代表的な水生獣のUMAです。 その …