ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

自称ビッグフット・ハンター 偽物で600万円荒稼ぎ

      2015/04/04

今年のはじめに、世間を賑わせたビッグフット射殺のニュースがありました。

しかし、つい最近このビッグフットは作りものであることがバレてしまい、これまで、本物だと主張していた自称ビッグフット・ハンターのリック・ダイアー氏も観念して、偽物であることを認めました。

ダイアー氏は、偽物だったことがバレた後も「ただのジョークさ。」と開き直っているようです。

このビッグフットの偽物は、2012年にダイアー氏が射殺したあと、保管していた(という設定)が、今年になって一般に公開されました。

ダイアー氏は、ビッグフットをガラス張りの棺に入れて、各地を回り、一人約1,000円の見物料をとって見せていました。

記事によると、トータルで600万円以上をこの見物料で稼いだということです。

ビッグフット(偽物)

Mail Online より



この偽ビッグフットは、約2.4メートルもありますが、中身はラテックス製の土台があって、表皮にラクダの毛を貼り付けて作られています。

制作費に約7万円かかったということですが、わずか数ヶ月で、600万円を荒稼ぎしたわけですから、笑いが止まらなかったことでしょう。

今回、嘘がバレてしまったきっかけは、仲間の告白があったからですが、それがなかったら、今でも見物料をとって、巡業していたことでしょう。

この自称ビッグフット・ハンターのダイアー氏が、何らかの罪に問われる可能性もあるようですが、この人は懲りない性格のようで、実は2008年にも同じような偽物騒動を起こしていることがわかりました。

もしかしたら、数年後、ほとぼりが覚めた頃にまた同じようなことをするかもしれませんね。

 

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ファントムドッグ
ファントム・ドッグ(ブラック・ドッグ)

イギリスのUMAといえば、ネッシーが最も有名ですが、「エイリアンビッグキャット」 …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

skunk-ape2
地域で変わるビッグフットの呼び名を調べてみた

多くの目撃証言がありながら、いまだにその存在が明らかにされていない未確認動物(U …

ビッグフット
ビデオに撮られたビッグフット

ハイカーが捉えたビデオの映像に、ビッグフットらしきものが鮮明に写っていました。 …

タッツェルヴルムの模型
ヨーロッパのUMA タッツェルヴルム

タッツェルヴルムは、ドイツ語で「前足のある虫」という意味です。 アルプス山脈に生 …

ヨーウィ
オーストラリアの類人猿 ヨーウィ

ビッグフットをはじめとする巨大な類人猿の話は世界中のいたるところにありますが、南 …

モケーレ・ムベンベ
コンゴ共和国の未確認生物モケーレ・ムベンベ

中央アフリカに位置するコンゴ共和国にある「テレ湖」には、4本足の巨大獣の生息が原 …

ツチノコ
江戸時代に描かれたツチノコの画像

日本の代表的なUMAにカッパと並んで、人気があるのが「ツチノコ」ではないでしょう …

オゴポゴ
カナダ版ネッシー「オゴポゴ」の動画を検証する

スコットランドのネス湖にいる(とされている)ネッシーは、世界中で最も有名な湖の怪 …

バヒア・ビースト
ブラジルの野獣「バヒア・ビースト」の正体は?

日本の裏側ブラジルで、奇妙な生き物の写真が撮られ、話題になりました。 写真は、2 …