ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

ブラジルの野獣「バヒア・ビースト」の正体は?

      2015/04/04

日本の裏側ブラジルで、奇妙な生き物の写真が撮られ、話題になりました。

写真は、2007年7月、場所はブラジルの東部に位置するバヒア州(バイーア州)の川べりで、観光客によって撮られました。

バヒア・ビースト

写真はやや遠くから撮られているのと、バックの色にかぶってわかりにくいのですが、頭部には2つの角が生えているのがわかります。

海外では、「バヒアの角が生えた野獣」といういみで「Bahia Horned Beast」と呼ばれることもあります。

バヒア・ビースト拡大写真

一部のマニアの間では、これは「エイリアン」だといった意見もあるようで、実際のところ、正体はわかっていないようです。

と、ここで話を終わらせてしまうようでは、このブログの価値も下がってしまいますので、もうちょっと、しつこく調べてみましたところ、有力な説に出くわしました。

このブラジルのUMA、バヒア・ビーストの正体は、人間だという話です。

では、なんでこんな立派な角が2本も生えているのかというと、これは、髪の毛で、ドロで固めたものという見解です。

つまり、下の写真のように、全身に泥を塗りたくって、髪の毛を角のように立ち上がらせただけということです。

バヒア・ビーストの正体

確かに、背景に写っている土の部分と近い色をしています。

そこら辺で、泥遊びか何かしていて、わぁーと登場したところを観光客に「パシャリ」と撮られたというのであれば、辻褄が合います。

もちろん、この説が絶対だということは言えませんが、バヒア・ビースト人間説の可能性も高いのではないでしょうか?

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

ビッグフット(偽物)
自称ビッグフット・ハンター 偽物で600万円荒稼ぎ

今年のはじめに、世間を賑わせたビッグフット射殺のニュースがありました。 しかし、 …

ツチノコ
江戸時代に描かれたツチノコの画像

日本の代表的なUMAにカッパと並んで、人気があるのが「ツチノコ」ではないでしょう …

モノス
未知の類人猿「モノス」

「モノス」は1920年にスイスの地質学者「フランシス・ド・ロイス」らの調査隊が、 …

グロブスター
グロブスターはニンゲンの死骸か?

グロブスターはオーストラリアやタスマニア島などの海岸にたまに漂着する巨大な謎の物 …

エイリアン・ビッグ・キャット
エイリアン・ビッグ・キャットは野生のヒョウか?

エイリアン・ビッグ・キャットは1960年代から、主にイギリスで目撃されている体長 …

フライング・ヒューマノイド
フライングヒューマノイドの正体

メキシコはUFOの目撃情報が多く存在する地域でもありますが、そのメキシコで200 …

シーサーペント
未確認生物シーサーペントの最新目撃映像

海に生息するとされているUMAの中で、最も古い目撃証言を持つものに「シー サーペ …

モンゴリアン・デスワームの画像
ゴビ砂漠の未確認生物「モンゴリアン・デスワーム」

1950年代にアメリカで出版されたフィクション小説には、地中に住む、奇怪な死を招 …

チュパカブラ
テキサスで見つかったチュパカブラは×××××だった!

テキサスの二人組が未確認動物(UMA)のチュパカブラを捕まえた、という報告があり …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …