ソンダバーラ。

世界の不思議を探求する。

巨大コウモリ アフール(AHOOL)

      2015/04/04

空を飛ぶことができる哺乳類の筆頭に「コウモリ」がまずあげられると思います。

ahoolその他には、ムササビやモモンガなどもいますが、彼らは正確には、飛ぶというよりも「滑空」していますので、空中を自由に飛び回れる哺乳類はコウモリしかいないと言って良いと思います。

インドネシアのジャワ島には「アフール」と呼ばれる翼を広げた長さが3.6メートルもある巨大なコウモリが生息していると言われています。

テナガザル

テナガザル

アフールの特徴は、その巨大さだけでなく、猿のような顔を持ち、それはオナガザルかテナガザルのようだといいます。

濃いグレーの体から生えた足には、ワシのようなカギ爪があり、大きな川魚を捉えて食べるとされています。


最初の発見である1925年以来、とてもたくさんの目撃証言があるアフールですが、彼らも、普通のコウモリと同様に昼間は、洞窟に潜んでいます。

そして、休むときの姿勢も他のコウモリ同様、洞窟の中で逆さまにぶら下がります。

アフールという名前の由来は、彼らの鳴き声から来ているという話です。

 

アフールほど、大きくはありませんが、巨大なコウモリが捕獲された情報は、世界各地にあるようで、下の写真くらいの大きさのものなら、普通に見つかるようです。

巨大コウモリ

 

確かにこの写真でも、顔は猿のように見えますし、しっかりとした足が生えています。

もしかしたら、アフールはこれらの巨大コウモリの仲間なのかもしれませんね。

 - UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

バヒア・ビースト
ブラジルの野獣「バヒア・ビースト」の正体は?

日本の裏側ブラジルで、奇妙な生き物の写真が撮られ、話題になりました。 写真は、2 …

チャンプの写真
未確認水生獣「チャンプ」の写真は鮮明

大きな湖には、巨大な水生獣の目撃情報が付きものと言って良いくらいたくさんあります …

フライング・ヒューマノイド
フライングヒューマノイドの正体

メキシコはUFOの目撃情報が多く存在する地域でもありますが、そのメキシコで200 …

モスマン
モスマン(蛾人間)は鳥か?先住民の呪いか?エイリアンのペットか?

モスマンはアメリカのウェストバージニア州で、1966年11月にはじめて目撃された …

skunk-ape2
地域で変わるビッグフットの呼び名を調べてみた

多くの目撃証言がありながら、いまだにその存在が明らかにされていない未確認動物(U …

シーサーペント
未確認生物シーサーペントの最新目撃映像

海に生息するとされているUMAの中で、最も古い目撃証言を持つものに「シー サーペ …

ツチノコ
江戸時代に描かれたツチノコの画像

日本の代表的なUMAにカッパと並んで、人気があるのが「ツチノコ」ではないでしょう …

ブルータイガー
未確認生物ブルータイガー

未確認生物(UMA)の多くは、一般常識からは、かけ離れた姿をしていたり、驚異的な …

ローペン
ローペン パプアニューギニアの怪鳥

ローペンは空を飛ぶ未確認生物(UMA)で、パプアニューギニアで目撃されています。 …

モノス
未知の類人猿「モノス」

「モノス」は1920年にスイスの地質学者「フランシス・ド・ロイス」らの調査隊が、 …